プロフィール

タマ

Author:タマ
O型さそり座です。
サッカー、本好きのゲーム好き。
持久力あります。

拍手ボタンです。
応援。
ご意見があるとき押してください。

FC2 Blog Ranking

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


おすすめ商品!



FC2ブログランキング


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世は実に 実に様々な役者の登場する 複雑怪奇 困苦困難 そして神秘的な 壮大なドラマである
スポンサーサイト

音楽の作り方より

私が心の中に持っているものが外へ出なければならないのだ。

 あと二日で6月15日、私はいよいよ30歳になる。

もう30代になるのかと思うと、私は憂鬱だった。

幸せだった時代は、もう終わってしまったのかもしれない。

 私は毎日、スポーツジムでひと汗流してから会社に行く。

そのジムで、毎朝ニコラスに会う。

 ニコラスは79歳だが、鍛えた見事な体をしている。

その朝、いつもどおり「おはよう」と声をかけたのだが、彼は私がふだんのように元気でないのに気づいた。

「具合でも悪いのかい?」

 私は30歳代にさしかかって不安だと打ちあけた。

私が彼くらいの年になったら、人生をどうふりかえるのだろうか。

「ニコラス、人生でいちばんいい時っていつだった?」

 彼は即座に答えた。

「ジョー、きみの哲学的な質問に対して哲学的に答えよう」

「オーストリアで何ひとつ不自由のない子ども時代を送り、両親に守られていた。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 学校にあがり、今の自分を作った知識を学び始めた。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 社会に出て就職し、一生懸命働いてお金をもらった。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 いまの妻と出会い、恋に落ちた。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 第二次世界大戦になり、私は生き延びるため妻とオーストリアから逃げた。

北アメリカ行きの船の甲板で妻と無事を喜んだ。

あのときが人生でいちばんいい時だった。

 カナダに行き、二人で新しい生活を始めた。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 父親になり、子どもたちが成長するのを見守った。

あのころが人生でいちばんいい時だった。

 そしていま、ジョー、私は79歳だが、病気もせず、元気で、結婚したころと同じように妻を愛している。

いま、この時が人生でいちばんいい時さ」


                              byジョー・ケンプ

ヒロイモノ

身近な人を大事にすると外で出会う人から大切にされる

色んなものごとに目一杯努力して挑戦し、それが成功したなら色んな人のためになる。

それが失敗したなら、本人のためになる。

人を好きになり他人となんらかの形で係っていければそれでいい。どんなカタチでも良い。

格言集より

なんだろうね。なんだかんだで やっぱり君が好きだった

どんな小さい事でも実行した事は素晴らしい。

ある漫画本を見て

汚れちまった悲しみに

by林語堂

人生の黄金時代は老いて行く将来にあり、過ぎ去った若年無知の時代にあるにあらず。

―「随筆集」―

他人のために生きることは容易である。誰でも皆していることである

レイ・ジョセフ(PRコンサルタント、ライター、「一日24時間をどう使うか」より)

『やりたいこと、長年夢みてきたこと・・・行きたい所、読みたいもの、やってみたい趣味、有意義な活動・・・をすべてリストアップし、各活動にかけたい時間を書き添えよう。』

中村天風(哲学者、「成功の実現」より)

『きょうもうれしいです、楽しいです、ありがたいです。』


馬鹿な者は、独身の間は結婚した時のよろこびを空想し、
      結婚すると独身の時のよろこびを空想する
                         武者小路実篤
 
結婚している人は家庭にある幸せを感じ、
結婚していない人は独身の幸せを愉しむ。

中国の格言

『自己満足に陥らぬ者は成長する。自分の考えが正しいという確信を持てぬ者の方が、多くのことを学ぶ。』

byマルコーニ

実に恐ろしいものは、人間の努力である。

(科学技術の進歩を見て)

シャイアン族

「目で判断せずに、こころで判断しろ」

『人には、必ず二つの顔がある。醜い面だけが、あなたのすべてじゃない。大事なのは、目をそむけずに自分と向き合うこと。その二つの面があってこそ、人なのだから。』

byトルストイ

多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性だけを愛した人間のほうが、はるかに深く女というものを知っている。

日野原重明(医師、聖路加国際病院名誉院長、「機嫌よく元気よく」より)

『愛して失いしは、愛せることなきよりもはるかにまされり。』

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。